観劇には訪問着1つ上のおしゃれを

絵羽づけ模様で肩から胸、袖から裾までまるで一枚の絵のように広がる色鮮やかで華やかな着物。京友禅や加賀友禅などで有名な訪問着を着て、歌舞伎の鑑賞などに行く事が憧れの方も多いのではないでしょうか。特に正月公演や記念公演などの華やかな舞台に映える着物で行くのは憧れという方もいるでしょう。 加賀友禅は京友禅よりも色調が落ち着いたものが多く目立ちますが、せっかくの観劇には出来れば華やかな模様の着物を選んでみると楽しみのひとつとなるでしょう。より気持ちも盛り上がり日本人ならではの楽しみが味わえます。 帯は袋帯がお勧めです。また歌舞伎だけではなく、能狂言なども格調高い訪問着で鑑賞される方が多いようです。汗ばむ夏場には、単衣と呼ばれる裏が無い涼し気な素材のものを選びましょう。小紋や紬で鑑賞される方も多く見られます。

席によって見合う着物を着て行きましょう

例えば歌舞伎の観劇では観客の間でも一体感が芽生えます。出来れば、一番前の席の場合にはご贔屓の筋の方なども多いので格調の高い着物がお勧めです。 二階席などの場合には小紋などでも構わないのですが、着物だからこそ気をつけるマナーがあります。まず髪の毛をまとめる事が多くなりますが、その際にも、あまりにも盛り上げた髪型や大げさな髪飾りなどを付けていくのは周りの人に迷惑になるので控えましょう。とはいえ、歌舞伎などの鑑賞には公演の格を上げる意味でもぜひ和装で行くのがお勧めなのできちんとマナーを守って、公演を盛り上げるようにしましょう。 最初の頃には緊張するものですが、何度か着物で出掛けて行く内に観劇上級者となり、品格も自然と備わってくるものです。自信を持って颯爽と着こなして出掛けましょう。

洋服でいうところのフォーマルにあたる

着物の種類では訪問着は洋装でいうフォーマルにあたります。小紋や紬はカジュアルといえます。歌舞伎や能狂言は格式高い日本の文化ですので、やはり和装が相応しいといえます。ただしオペラやコンサートなどの場合には洋装での鑑賞が多くなります。 様々な模様や染め方の着物を楽しむ為には、費用的にも負担が大きくなります。そこで、最近ではレンタルを利用する方が多くなっています。また近年では桐ダンスの無いお宅も増えていて着物のお手入れも簡単ではない為、レンタルを利用する方が多くなって来ています。 小物までフルセットで借りられて、気軽に着用した後はそのままレンタル会社に返せばクリーニングもしてくれるなどサービスが充実しているので、誰でも楽しめる時代です。日本の女性であるなら一度は楽しみたいものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加