気になる訪問着の仕立て料金とは

着物を購入する時には、すでに着物の形に仕上がっている状態で購入する場合と、反物の状態から縫ってもらう方法とがあります。着物は、洋服と違って着丈はおはしょりで長さ調整をすることができ、また身幅も左右の前合わせによって調整ができるため、縫いあがっている状態で購入しても多少であればサイズが合わなくても安心です。 しかし、サイズ調整はうまく着付けをしても着崩れをしやすく、脇線がずれてしまったりおはしょりの長さが長すぎたり短すぎるなど見栄えもよくありません。自分にとってジャストサイズを手に入れるためにも、反物の状態で購入してサイズを合わせて作ってもらうのがベストな購入方法となってきます。 ただ、この場合には仕立て料金がプラスされるということを理解しておく必要があります。

オーダーメイド感覚の着物の仕立て

洋服では、既製品となっているプレタポルテと比較して生地から服の形に仕立ててもらうことをオートクチュールと呼んでいますが、和服の場合であっても同じようにオリジナルでも作ってもらうことができます。 この場合には、反物を購入した後に自分のサイズに合わせて縫い合わせてもらうのですが、反物の費用にプラスして仕立て料が必要になります。この料金には、縫い合わせてもらうための工賃にプラスして、使用する糸や裏地などの費用も含まれています。裏地にはさまざまな素材が使用されており、上質な訪問着となると正絹を使用されることになりますが、化繊であれば費用を抑えることができます。 また、日本国内か海外の工場で縫い合わせてもらうのか、ミシン縫いと手縫いなどによっても費用が違ってきます。

着物は着るための総合的な費用で比較してみよう

訪問着を着るためには、反物を購入しているからと安心することはできません。ここから仕立ててもらうための費用が必要になり、自分だけのオーダーで手縫いとなればそれなりの時間もかかるので、早めに頼んでおく必要があります。 他にも、着物を着るためにはたくさんの小物類も必要になってきます。着物の種類に合わせた小物類が必要になるので、成人式で着た振袖用の和装小物があるからといっても代用できないアイテムもたくさんあります。そのために、訪問着スタイルを全身揃えるとなると、思っていた以上の費用が掛かることになってきます。 初めての人であれば、全てがセットになって提供されているプランを利用してみれば、あれこれ揃える必要もなく予算的にも安心して利用することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加